スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スクール水着

2010/03/08 Mon 17:10

100308.jpg

模写する時に「誰の絵を模写するのか? 」というあたりで考えた事は、まずは魅力を感じる絵柄である事は絶対条件でしたが、他に考えたのは…。
・寡作でないこと
参考に出来る作品点数が少ない作家さんは避けました。
同人作家さんでも結構好きな人はいるんですが、作品点数がどうしても少なくなるだろうという事で、商業作家さんから選びました。

…まんがタイムきららフォワード…メリーさんの為だけに買うのはちょっと痛いのが残念。

・漫画を描いていること
その方が1キャラを色々なアングルから見られて良いんじゃないかと思いました。

・基礎がある程度確かであること
いわゆる「常時異次元」の作家さんは避けました。
イラストとして魅力的であれば異次元でもいいとは思うんですが、それはあくまで完成品の話で、お手本にする時に立体構造がわからないとやりにくいだろうなという事で。


最近ちょっと考えているのは、今みたいにハム先生に教わりつつ身体の描き方をやってるうちは、すまき俊悟さんが教材としてより良かったのかなと。
同人誌でCGのラフ~彩色前の線画を纏めてらっしゃるんですが、頭のてっぺんから足まで全部入った絵が多く、基本はイラスト…1枚絵なんで構図…見栄えのするポーズなんかも学べるのかなとか考えたわけです。
あとは露出度が高いのも重要。

「今度はいつまで模写やってるんだよ」と、言われそうですが、気が向いたらちょっと挑戦してみようかと思います。
下書き | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 模写 | HOME | 模写 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。