スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
■お手本

必要なものは各人異なると思いますが、この講座をあてにしなければならないレベルの人なら、描き方の基礎的なものをひとつ用意しておいた方が良いと思います。

僕のお薦めなんて聞いてもしょうがないと思うので、参考になるサイトを。
買ってはいけない入門書
買ってはいけない入門書(旧)

お金を使いたくないという人は、wikiの中から講座リンクを参考にしたり、Pixivで「講座」あたりで検索して参考にしてみて下さい。

■私見

所持している本の中から私見を。

・やさしい人物画(A・ルーミス) ★★☆☆☆
絵を描く人のバイブルとして定番ですが、この講座をあてにするレベルの初心者には内容が難解すぎてお勧め出来ません。

・スーパーマンガデッサン(グラフィック社) ★★★★★
卒業間近に買ったんですが、外側から見た人体の形がよくわかる良書だと思いました。

・人体のデッサン技法(ジャック・ハム)  ★★★★☆
こっちは人体の内側を知るのに役立ちました。

※意見を取り入れて随時更新していきたいと思います。
ご意見はメッセージ・Twitter等でお寄せ下さい。


wikiに持っていくときには私見は要らないかな。
参加講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。